読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふつうってなに?

雑記ブログです。色々と興味を持ったことを記事にしています。

足踏みすら止めるとあとでとんでもなく厳しい現実が待っている。

オピニオン
スポンサーリンク

オススメ記事

本が嫌いなあなたへ!オーディオブックFeBeがオススメな5つの理由

カサンドラ症候群になる前に読むべき本

ハーレークインって誰?まとめ記事!

10年後も読み返したくなる漫画たち!

f:id:kiyosui:20170302141418j:plain

ども!キヨスイ(@kiyosui_goraku)です!

 

ブログを20日以上休んでいました。ブログってもうスポーツと同じですね。

今書くのかなりしんどい...このしんどさを忘れないために記事にしておきます。

 

20日以上休むと思考停止しまくる。

いやー積み重ねって大事ですね。今もこうやって記事を書いているんですけど...思考停止しまくりです。

 

かなりしんどい作業になっています。

マラソン選手が現役を退いていきなり運動をやめると健康に障害をもたらすとか言うじゃないですか。

ピアニストが3日練習しないと全てがパーになるとか言うじゃないですか...

 

その状態に近いと思います。まぁ僕はプロではないのでアマアマな見解ですが、記事を書いていると思考停止に陥るんですよね。

思考停止に陥ってしまうことが多いとタイピングが止まってしまうことが、めちゃくちゃ増えました。よって時間がかかるという...

 

毎日同じ量を書き続けないとお話にならないということですね。いやー厳しい世界だ。もう休みたくない。

 

とにかく腕が痛い...

先ほども1500文字ほどの記事を書いたんですけど...書き終わった時にはとにかく腕が痛い...

まぁ僕の場合かなり堕落した生活を20日間も続けてしまっていたので、体全体が鈍っているんですけどね(笑)

昨日なんか神田、神保町の方を歩いただけで今日なんか体フラッフラ...引くくらい体なまっています。

誰か助けて...と言いたいくらい(笑)

 

その結果もあって腕が...タイピングする腕が...とにかく痛いです。今も自分に鞭打って記事を書いています。

 

書き方を忘れる

あれ?どうやって記事を書いていたっけ?ってなりました。

誰でも自分のスタイルというものがあると思います。僕にも1年ブログを続けた結果としてスタイルというものがあったらしいです。

一度、歩みを止めると書き方を忘れてしまって...「あ、僕もスタイルってあったのね」と気付かされました。

 

 これは恐ろしいことですね。今まで生産していたスタイルを忘れてしまうというものは(笑)怖い怖い。もう歩みを止めない方向で行こうと思います。

 

人間の感覚は曖昧で脆い

休む前までは、2000文字も書いちゃった...3000文字も書いちゃった...ってことがわりとあったんですよ。

思ったより文字数書いちゃってたわ...って感じのことがね。

 

今はもう...あれ?まだ800文字ですか...体感レベルが全然違いますよという感じになっています(笑)

人間の感覚というものは脆いものでリズムを崩すとすぐにボロボロになります。

そしていかに人間の感覚というものが、曖昧なのかを思い知らされました。

 

作品に対しての『良い、悪い』や『面白い、面白くない』も本当に曖昧なんでしょうね。

だから世の中に視聴率や再生回数というものが備わっているんでしょうね。

 

量産する人ほど休んではダメですね。

何事もですが、数をこなして上達していくタイプの人間は歩みを止められない人生なわけです。

ブログにフォーカスしていきますが、毎日書いている人は歩みを止めることは本当に危険なので辞めましょう。

書くの苦しいなぁ...と思ったときほど書いたほうがいいです。じゃないとさらに苦しい現実が待っています。

 

量産しない人は、最短距離で行けるのである程度、休んでも大丈夫だと思いますがね!

休めば休むほど苦しくなるのが、ここで本当に分かりました。人間、ずっと寝ることは不可能なのでキツイ時もゆっくり歩いていきましょう。

前に進まない時も足踏みだけはしておきましょう。

 

最後に

と、まぁこんなことに今更気づいた僕です。僕は小利口なんで体感しないとわからないんですよね。

一番中途半端な人間で厄介だなと自分で認識していますが...もう少しどっちかに振り切っている人間だったら良かったんですけどね。

 

今回のような堕落の危険性は十分感じましたので、最低『足踏み』はしていこうと思います。

 

それでは、また。