読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふつうってなに?

雑記ブログです。色々と興味を持ったことを記事にしています。

遅延型ADHDが研究で発見されたらしい。

発達障害
スポンサーリンク

オススメ記事

本が嫌いなあなたへ!オーディオブックFeBeがオススメな5つの理由

カサンドラ症候群になる前に読むべき本

ハーレークインって誰?まとめ記事!

10年後も読み返したくなる漫画たち!

f:id:kiyosui:20160523104204j:plain

ども!キヨスイです!

 

昨日めちゃくちゃ興味深い記事を見つけたのでそちらのご紹介を。

headlines.yahoo.co.jp

Yahooニュースで取り上げられていたものです。

ADHDが成人期にあとから発症するタイプの人たちがいるという研究結果が出たというニュース。

 

 

 

 

 

えぇぇ!?後天性あるの!?

 

 

 

 

 

この一言に尽きます。

 

ADHDは先天性の障害で、幼少期の親の教育や躾で症状が和らぐことはあってもあとから発症するというのは全く頭の中にありませんでした。

 

遅延型ADHD

まず前提としてこの研究結果のADHDの定義を。

ADHDは、12歳未満の子どもに、通常の活動や発達に支障を来す不注意または衝動的な行動が6種類以上、6か月連続でみられる場合に診断すると定義されている。

日本の病院もこの定義でADHDと診断しているのかどうなのかってのはとりあえず置いといて話進めます。

 

英国とブラジルのそれぞれの研究チームによる独立した2件の研究論文によると、子どもの時にADHDと診断されなかったにもかかわらず、若年成人になって初めてADHDと診断されるケースが多いため、遅発型のADHD自体が独自の疾患である可能性があることが示唆されるという。

2件の研究論文で発表されているんでかなり有力な情報かと。これだと今後、障害という枠から外される要因になったりしそうですね。疾患なので病気という枠に入りそう。そもそも病気と障害のジャンル分けがめちゃくちゃ難しいですけどね。

 

成人がADHDと診断される場合、注意欠如、活動過剰、衝動的行動などの症状が、子どもでみられるよりも重くなることが多く、交通事故や犯罪行動などの増加を伴う傾向がみられると、研究チームは指摘している。ADHDは、成人の約4%でみられると考えられている。

この記事の流れだと、遅延型の成人ADHDが交通事故や犯罪行動などの増加を伴う傾向がみられるって言っていると思うんだけど。違かったらそりゃそうだよね。子供より大人の方がリスクある行動とってるからね。

交通事故は納得だけど、犯罪行動の増加もあるんですね。衝動的な怒りなどで犯罪に走ってしまったりするんでしょうかね。喧嘩で人を怪我させたりしたらもう犯罪か。これに関しては性格も影響してくるから、ちょっと一概に増加と言うのはかわいそうな。

 

研究ではまた、双子のデータの分析から、成人期ADHDが、小児期ADHDに比べて遺伝的要因の可能性が低いことと、発症率が男女でほぼ等しいことも分かった。一般的に、小児期ADHDは、男児の方が発症率がはるかに高い。 

成人期ADHDは遺伝的要因が低いということは環境なんですよね。どんな環境下にいるとADHDが発症してしまうのか?気になりますね。ADHDを持つ人と一緒にいると発症するとかだったら、僕は発症可能性がめちゃくちゃ高い。

 

発症率は男女ほぼ等しいけど小児期ADHDは男児の方が発症率がはるかに高いとのこと。でも僕の印象だとADHDって女性の方が多い印象だった。

女性で大人のADHDの人たちって遅延型ADHDの可能性が高いということになるのでしょうかね?可能性の話だからなんとも言えないけど、この研究結果で色々と今までの認識が変わりそうです。

 

英国の研究チームは「遅発型のADHD患者は、不安神経症やうつ病、マリフアナやアルコールの依存症などの罹患(りかん)率が高いことが、今回の調査で明らかになった」と付け加えている。

ブラジルの研究チームが1993年に開始した5000人以上を対象とする追跡調査では、子どもの時にADHDと診断された成人の患者の割合は12%で、また成人しても引き続き障害が見られた子どものADHD患者は17%と、ともに非常に少数であることが分かった。

 この結果は「発症経路が明確に異なる2つの症候群の存在」を示唆していると研究は指摘。また、遅発型のADHDと診断された患者では「重度の症状、機能障害や他の精神疾患」を示していたことにも触れた。

遅延型のADHDの方が重度だったり、二次災害の病気の発症率が高いみたいですね。この研究結果が揺るぎないものだとしたら、先天性のADHDと後天性のADHDで内容がかなり変わってきそう。

本質的な症状は同じですけど、周りの対応やそれに伴う悪影響が全然違う。もう障害名を別に付けていいんじゃないかな?と感じてしまうレベル。

 

まとめ

とっ散らかったのでまとめを。とりあえず、この研究結果を知って欲しかったので記事を書きました。

遅延型ADHDにならないためにどうしたらいいのか?というものはまだわからない見たいです。とても興味深いのでこのまま研究を進めていって頂きたいですね。

僕はADHDの人はアスペルガー症候群も併発していると考えています。この研究はアスペルガー症候群にすこしも触れていないのがちょっと気になります。

 

この研究を全面的に肯定すると、とりあえず今言えることは、遅延型ADHDの人はちょっと気をつけましょうね!二次災害に!くらいですかね。

 

でわ!

 

引用元

注意欠陥多動性障害、成人期に発症も 研究 (AFP=時事) - Yahoo!ニュース

 

 

 

▼関連記事

糖質制限はADHDに効く?MEC(メック)は良いかもしれない。

ぴぃと発達障害トークセッション:糖質制限とADHD 

ぴぃと発達障害トークセッション:遅延型ADHDについて。

MEC(メック)を1年以上続けて糖質制限した結果。

【キヨスイ持論】今わかっている発達障害者の過集中をまとめたよ!