『素晴らしきかな、人生』感想?久しぶりに困惑する映画でした。

スポンサーリンク

f:id:kiyosui:20170306171753j:plain

キヨスイ(@kiyosui_goraku)です。

 

ウィルスミス主演の『素晴らしきかな、人生』観てきました。感想というか困惑を...

 

ウィルスミスってかなりマルチ俳優になったよね。

ウィルスミスが完全にマルチ俳優になっています。

アクションもこなせて、コメディもいける、そしてヒューマンドラマもいけるという黒人俳優はこの人しか今のところいないんじゃないっすかね?

 

『最後の恋のはじめ方』

『幸せのちから』

『7つの贈り物』

と意外とヒューマンドラマ映画多いんですよね。この前にスーサイド・スクワットに出ていた役者とは思えないくらいヒューマンドラマがハマる役者です。

映画の評価自体ははっきり言って全然よくないけど、ウィルスミス自身への評価はすごく高いです。

いい感じに人生が転落してしまった豪腕広告マンを演じてくれていました。

 

役者が豪華だったけど...

この映画、役者人がめちゃくちゃ豪華なんですよ。『プラダを着た悪魔』の監督『デヴィッド・フランケル』なのでオファーが簡単だったんですかね。

 

こんな感じでめちゃくちゃ豪華です。

  • ウィル・スミス - ハワード・インレット
  • ケイト・ウィンスレット - クレア
  • キーラ・ナイトレイ - エイミー・ムーア
  • エドワード・ノートン - ホイット

映画好きなら名前だけみても役者人が豪華だなぁ〜と感じるでしょうね。ウィルスミスを省いて簡単に説明を。

 

ケイト・ウィンスレットはタイタニックのローズ役で一躍有名になった女優です。

キーラ・ナイトレイはパイレーツオブカリビアンのエリザベスの女優。

エドワード・ノートンはハルク、レッドドラゴン、バードマンなどに出演している名俳優です。

 

これだけ豪華に役者人を使っているにも関わらず、演技の見せどころがなかなか見れなかったのがとても残念でしたね。

ストーリーに頼りすぎていて、役者の持ち味があまり出せていない感じでした。

 

ちょっと期待しすぎたのかな?

役者陣、ストーリーに期待しすぎて映画館へ行ってしまったかもしれません。

ストーリーに推進力がなく、波もなく淡々と進んでいってしまっているように感じてしまったのは、僕だけでしょうか?

『死』『愛』『時間』を擬人化して、ハワードを助けようとしているアイディアはすごくよかった。

各々、擬人化している役者陣もピッタリで映画開始40分くらいは、ワクワクしながら待てたんですけど、そのままワクワク待ちで映画は終了してしまいました。

肩透かし感を食らったのは否めない作品になっていたような...

 

久しぶりに困惑する映画。

何がいけなかったのか?なぜ肩透かし感を食らったのか?色々と考えたんですけど。全く答えが出てこない...

ここまでこの文章を読んでくれている人は、僕が褒めたいのかdisりたいのかわからなくなっている人も多いと思う。

 

何がダメなのか、ここまで見えてこない映画は、久しぶりかもしれない。

俳優の演技がNGなわけでなく、アイディアも悪いわけでもない。配役も目に付くところがない。

なのに、何故か面白くない。うーん。この映画を紐解けず、文章を書いていることに少々後ろめたさも感じる。

 

僕の映画IQが足りてないのだろうか...誰か教えて欲しい。

 

最後に

ここまで、感想を書きにくい映画は本当に久しぶりでして文字が進まない、進まない。

全く、責任のある言葉が出てこないんですよね(笑)そんなもん記事にすんな!という声が聞こえてきそうですが...この感覚も初めてなもので楽しんでいます。

 

ここまで、書いて少し気づいたことを...

観る前、観た後、感想を書いている今。僕は肩書きや権威に振り回されているのではないだろうか?と疑問が最後に沸いた。

 

それでは、また。

 

 

 

 

プラダを着た悪魔はオススメです。Amazonプライムビデオで視聴可能。

プラダを着た悪魔 (字幕版)

プラダを着た悪魔 (字幕版)