ふつうってなに?

雑記ブログです。色々と興味を持ったことを記事にしています。

3000人以上合コンをした人のデータを覗いてみませんか?「3年以内に成功する男、消える男」

スポンサーリンク

オススメ記事

本が嫌いなあなたへ!オーディオブックFeBeがオススメな5つの理由

カサンドラ症候群になる前に読むべき本

アラサー無職さんオススメ本!

10年後も読み返したくなる漫画たち!

ども!キヨスイ(@kiyosui_goraku)です!

 

3年以内に成功する男、消える男」を読了しました。3000人以上の男性と合コンしてデータをとって人の本です。

3000人ってヤバい...合コンも極めると本を出せるそうです(笑)

 

3年以内に成功する男、消える男 Amazon

 

この本を読んだ結論

  • 成功するまでのプロセスが書いてあった。
  • 書いてあることをやれば成功するとは違う。
  • 成功したいけど、どうしたらいいかわからない人読んでみて。
  • 3割、独特な意見が書かれていた。
  • 7割、他の自己啓発本にも書かれていること。

 

3年以内に成功する男、消える男」を読んで僕が感じた結論はこれらですね。

3割の独特な意見にフォーカスして記事を書き進めてあります。

 

見栄っ張りの方が成功する?

本書の一番最初に書いてあったんですけど、合コンで見栄っ張りな男性の方が成功している確率が高かったそうです。

これ面白い結果ですよね。初対面の人に「これからもっと活躍するから、今のうちに捕まえておいた方がいいよ」なんて言われたら、あなたはどう思いますか?

 

ぶっちゃっけ「胡散臭!」「本当かよ!」って思う女性が多いと思うんですけど。男性同士でも思ってしまうでしょう。

 

実際の確率論で言うと、この見栄っ張り、ビックマスが成功しているとのこと。めちゃくちゃ意外なんですけどね(笑)

 

ただ、『見栄っ張り』と『ハッタリ』は違うみたいで、ハッタリを言う人は「そのうち良くなるさ」が口癖のようで。

見栄っ張りな人は「いついつまで」という期日が明確だったりするそうです。

この二つは似ているようで大きな違いがあるとのことでした。

 

要するに自分でリスクを冒して、逃げ道を断つことができているか?ということです。ここに差が出てくるそうですよ。

 

苦手なことはギリギリまで先延ばし

苦手なことを先延ばしにする男性の方が成功する可能性が高いとのこと。

苦手なことって誰にもひとつやふたつはありますよね。それらって余裕を持ってやっても向上することってあまりなくない?ということ。

 

ギリギリまで先延ばしして、やらざる得ない状況に自分を持っていく。これで苦手なこともどうにか上手く行くというケースがあるようです。

少しギャンブル的な発想に聞こえますが、確かに身に覚えはあるかもしれない...やらざる得ない状況ってやるしかないですからねぇ...

 

ただ始めるペースを少しでも間違えてしまうと納期に間に合わないという結果も出てくるので、始めるタイミングは重要かもしれませんね。

 

危機感にどれだけ敏感になれるかで、この方法がマッチする人しない人で分かれるかもしれませんね。

 

相手の未来にレッテルを貼る

成功している人は相手の未来にレッテルを貼るそうです。

レッテルって聞くと、少しばかり嫌な雰囲気を感じますがここのレッテルは相手の可能性を見抜いて自信満々に助言?的な発言をするとのこと。

 

なんの根拠もない発言を堂々とするらしいのです。ただ、相手の良さや潜在能力をしっかりと見抜いているということが条件らしいのですが...

うーん。難しい。成功している人は、人間観察に優れているということも言えるんでしょうかね。

 

もちろん、根拠がないと言ってもデタラメなインチキを言ってしまっては、だた信用を失うだけだそうです。

 

かなり上級者よりの行動に感じますが、相手の潜在能力などを見抜く力がある人はチャレンジしてみてはどうですか?

 

比較の3人設定

成功している男性は、比較する人間を設定するのが上手だったそうです。

「成功するためには、比較しないことだ」なんて言葉は聞いた事ありますが、比較することを推奨していました。

 

ただ、比較するのは3人を設定するということ。

 

①自分より下位の人

②自分と互角の人

③自分より上位の人

 

この3人の設定が上手だとのこと。なぜ3人の設定をするかというと自分のメンタルを安定させるために使っているとのこと。

 

メンタルが不安定な時は下位の人と自分を比べてエンジンにする。

メンタルがアクティブ状態なときは、上位の人と比べ差を詰めるように努める。

 

このように比較も上手に使うと上手くいくことがあるそうです。

僕は割とアスリートタイプの人間なので、あまりこういった比較は使ったことないんですけど。人間のタイプによったら必要な比較かもしれませんね。

 

地味にふるまう

上昇気流に乗っている時や軌道に乗ってきたときは、地味に振る舞った方がいいとのこと。

変な虫が付くってやつですね。派手な生活をしていると、詐欺や金銭を目的とした人間が近づいてきますからね。

よっぽどぶれない心や人を選ぶ力に長けてないと一気に失敗の道に転がり込む可能性があるそうです。

 

なので、成功してきている男性でさらに成功しそうな男性は地味にふるまっていることが多いとのこと。

ビジネスで信頼を得るための時計を購入するなどはいいかもしれませんが、ケースバイケースで使用するタイミングを変えていったりすることが重要かもしれませんね。

 

もし、あなたが上手く行き始めている段階でしたら地味に振る舞うことも視野に入れてみるといいかもしれません。

 

最後に

他の自己啓発本に書いてないようなことにフォーカスして紹介していきました。

書いた部分はほんの一部分なので、興味が出た人は購入してみてくださいね。

 

3000人の男性と合コンして取ったデータは、すごく裏付けのある情報でした。

成功した人の話は腐るほど聞けますけど、成功するまでの話はなかなか聞けないですから貴重な本になっていますよ!

 

▼この本がオススメな人

  • 3年以内に成功したい人
  • 成功してこのまま消えたくない人
  • 自分を少しでも変えたい人
  • ビジネスで行き詰まっている人

こんな感じです!

 

でわ!