ふつうってなに?

雑記ブログです。色々と興味を持ったことを記事にしています。

30歳前後の無職さんは孤独感がすごいよ!体験談語っておくね。

スポンサーリンク

オススメ記事

本が嫌いなあなたへ!オーディオブックFeBeがオススメな5つの理由

カサンドラ症候群になる前に読むべき本

アラサー無職さんオススメ本!

10年後も読み返したくなる漫画たち!

f:id:kiyosui:20170412202743j:plain

キヨスイ(@kiyosui_goraku)です。

 

「34歳無職さん」を読んで、色々と思い当たるところがあり掘り下げてみようかと。

関連記事:漫画「34歳無職さん」読んでみたら、無職あるあるが詰め込まれてた!ニートにもオススメ!

 

30前後での無職さんは孤独です。

20代前半で無職だと、意外と34歳無職さんみたいな状況に陥らないかと。20代前半だと学生も友達にまだいたりして、同じく無職がいたりするのは割と普通だったりもする。

だから、誘いとかもきたりして人と会う機会も多いと思うんですよね。僕は20代前半のときは無職になったことないからわからないが...

 

カサンドラ症候群の時がちょうど30歳間近でして、孤独感がハンパなかったですね。そもそもバカして遊ぶ、なんとなく遊ぶみたいな友達も減ってきますから、お金がないとなかなか遊べない。

新しい出会いなんか求めてしまったら、さらにお金がかかるもので...そんなこともできずに日々、孤独感と一緒に暮らしていました。

このあたりの経験が、「34歳無職さん」に心を動かされるところなのでしょうね。

 

無職さんと有職さんの決定的な違い。

用事がないと人間って起きないんですよねー!30歳前後で無職さんをした人はわかると思いますが。

34歳無職さんもゴミの日にしか起きません。なんか昼頃に起きて気づいたら夜...みたいな生活になってしまうんです。

何もすることないから、支障ないんですが...体的には最悪でして。どんどん鈍っていくんですよねぇ〜!

34歳無職さんは、買い物とか割と自律して外に出るようにしているのが偉いなと関心。まぁカサンドラ状態だと、精神的にやられているのでそこの差はありますが...

 

起きれないのが、無職さんと有職さんの決定的な違い。

 

さぁーってどうするか?

で、どうやって抜け出すのか?えっとまず、自分が抜け出したいのか?そのままでいいのか?を確認したほうがいいですね。

抜け出したいと思わない限り、足掻いても無駄なので。

 

抜け出したいと思った人は、午前中に外に出ることから始めることですかね。これ重要。就活なんてハードルの高いことができる人は、そのまま就活を始めてみてください。

そんなハードルの高いこと無理...って人は、外に出る理由を探しましょう。

僕が当時していたことは...

  • ジム通い。
  • 散歩する。
  • ブログを外で書く。

これです。このくらいハードル低いことをやっていました。当時ブログを開設したことは大きかったですね。書くことが楽しくなりましたので、外に出る動機つけには十分でした。

 

散歩とジムは地雷がある。

問題なのが「散歩」と「ジム」です。散歩に関してなんですけど、僕は早々と断念しました。最初は良いんですよ!晴れた日に優雅に散歩!だけどね...雨降ると一瞬でその習慣なくなります。

始めて4日後くらいに雨が降って終了!みたいなことになりました。これ地雷。

まぁやらないよりは良かったが。

 

ジムは上手にジム選びできたかな?って感じでした。詳しくは下記の記事をご覧ください。

関連記事:スポーツジムを継続する3つのコツ。運動が嫌いでもモチベーション続く!

 

運動が好きな人じゃない限り、ジムって外的要因のモチベーションがないと続かないんですよね。参考にしてください。

 

最後に

「34歳無職さん」から掘り下げて記事を書いてみましたが、まだこういうの下手くそですね。どうやって閉めたらいいのか、ちょっと困る感じ。

 

30歳前後の無職さんはかなり孤独感に襲われますので、色々とご注意ください!

 

それでは、また。

 

無職さん関連記事!

アラサー(20代、30代)無職さんから脱無職する方法一覧。

アラサー(20代30代)無職さんへ!やったほうが良いことをまとめておきました。

脱ひきこもりニートの教科書決定版!『脱ニート完全マニュアル』地雷屋さんから学ぼう!