ふつうってなに?

雑記ブログです。色々と興味を持ったことを記事にしています。

見切り発車こそ最高の作戦じゃないだろうか?見切り発車によって結果の質が変わってくる。

スポンサーリンク

オススメ記事

本が嫌いなあなたへ!オーディオブックFeBeがオススメな5つの理由

カサンドラ症候群になる前に読むべき本

アラサー無職さんオススメ本!

10年後も読み返したくなる漫画たち!

f:id:kiyosui:20170527081543j:plain

キヨスイ(@kiyosui_goraku)です。

 

何かを始める時は見切り発車で、始めるくらいがちょうどいいとこの1年で学びましたね。もちろん、成功するか?失敗するか?は結果的な話なので別ですが...

 

ミンネでの見切り発車が成功!

母の仕事をミンネで手伝っています。見切り発車したのがこの商品。

 

ダッフィーとシェリーメイのコスチュームをオーダーメイドでウェディングバージョンで作成するというサービス。

ミンネの中ではなかったんですよね。お陰で月に2名から3名ほどの方々に毎月購入して頂いています。価格は現在25,000円

 

最初はサンプル写真が1つしかなく、レビューも全くない状態だったので破格の15,000円から開始しました。ほぼ材料費だけで終わってしまうような価格。

ミンネ以外のサービスでやっている業者はたくさんあったので、破格の値段でかなり見切り発車の状態でサービスを開始しました。

 

値段が破格だったことから、注文は簡単にゲットできた。超丁寧に慎重に対応をしながら進めていくことで、ある程度のレビューとサンプル写真をゲットしていけるようになっていった。

 

徐々に値段を上げていってもまったく注文が途絶えることなく、ここまでこれた。

今となっては、ミンネで同じようなサービスをしている人も見かけるようになったが、完全に先行優位を取れた感じがしていますね。

勝因は完全に見切り発車したというところ。あの時に見切り発車していなければ、収益は半分以下になっていたことでしょう。

 

これからも改善は必要なので、母と相談しながらサービスの向上を狙って行っていきます。

 

スーパーマリオランの見切り発車は失敗。

スーパーマリオランが任天堂で初のスマホアプリとしてリリースされました。

これを狙って任天堂のスマホアプリブログを始めたんですが、完全に失敗。収益化は全然できませんでしたね。

ドメイン代は余裕で回収できるレベルの収益は出ていますが、労力を考えると完全な赤字。見切り発車で行ったものの、失敗に終わってしまいました。

 

この失敗の中で大きな収穫もありましたね。アプリ系のサイトを運営する場合は、アプリが死ぬほど好きじゃないとダメということ。

それと更新し続けることが、かなり重要になってくるのかな?というイメージです。

アプリをメーカーで絞ってしまうのも、失敗だったなという印象でした。

 

僕の性格上、様々なアプリをやり続け書き続けるということは向いていなかったのです。

スーパーマリオランは楽しかったけど...他のアプリはそんなに...みたいな状況が続いて、プレイしなくなり記事も書けなくなりました。

 

もちろん、予想した収益が得られていれば続けていたかもしれませんが...スーパーマリオランが全然ヒットしなかったという点もある。良い失敗をしました。

 

何かに依存していると失敗する可能性が高い。

ウェディングコスチュームの見切り発車と任天堂アプリの見切り発車で決定的に違うとことが、依存しているかしていないかという点。

 

ウェディングコスチュームは、サービス自体が自分たちの手元にあるものなので、様々な要素を操作しやすい。

 

逆に任天堂アプリは、サービス自体は任天堂依存になっているので、そもそものモノが操作できないんですよ。

 

これを依存している状態と考えています。これだと、失敗する要素が自分以外のところにありすぎるという点。

これは完全に不確定要素になってしまうため、予測すらも正確にしにくくなってしまうというところ。

この辺りの見極めが難しいなということを失敗で学びましたね。どちらにしても見切り発車して初めてわかったことなので、良いとしていますが。

 

見切り発車を続けて、失敗を繰り返したい。

ここまで書いていて、見切り発車をすることで成功率が高まることは感覚的にわかってきました。

見切り発車して、失敗したときに落ち込まず、そこから何を学ぶか?ということが最も重要になってきます。

 

成功率の高さ、成功の質は見切り発車したほうが良い結果が出るというのは確実なのでこれからもどんどん、見切り発車していきたい。

 

過度に考えている時間がやっぱり一番もったいないんですよね。こうやってどんどん行動していけば、考える速度も上がり動いている時間をもっと増やしていくことができそうな気がしてたまらない。

僕はその状態にワクワクします。

 

見切り発車できない人間は恐怖に飲まれている。

多くがこれでしょう。僕も見切り発車できない時は恐怖に飲まれていました。最近は、見切り発車の良さを知ったことから、恐怖心はどんどんなくなってきましたがね。

 

恐怖心に気づいていない人はこちらの記事もオススメです。

関連記事1:変化ができない人の共通点は恐怖心ではなかろうか?自認のない恐怖に縛られていない?

関連記事2:新しいことをしたいけど、怖い人必見!リズムが狂って当たり前ですよ。

 

恐怖心が出ているときは、めちゃくちゃクリエイティブになります。振り払って一歩踏み出せば意外と上手くいったりするという。

人生というゲームは本当に良くできている...

 

最後に

ここ1年でした見切り発車の成果を自分の見直しとともに記事にしてみました。

この記事で書いたことは2点のみですが、もっと見切り発車しているものたくさんあります。そして、失敗していることの方が多い(笑)

どんどん、失敗して精度を高めていきたいですね。

 

それでは、また。