読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふつうってなに?

発達障害を中心に雑多に更新していきます。

美容室にもロボット(機械)の魔の手が迫っている話。

オピニオン
スポンサーリンク

オススメ記事

本が嫌いなあなたへ!オーディオブックFeBeがオススメな5つの理由

カサンドラ症候群になる前に読むべき本

ハーレークインって誰?まとめ記事!

10年後も読み返したくなる漫画たち!

f:id:kiyosui:20160825095857j:plain

ども!キヨスイ(@kiyosui_goraku)です!

 

昨日、久々に美容室行ってきました。僕の周期はだいたい2ヶ月に1回行く感じですね。それでもって、美容室さんとロボットやAI(人工知能)の話に。

シャンプーの仕事はロボット(機械)に奪われる

f:id:kiyosui:20160816153602j:plain

「美容室の仕事ってロボットやAIに奪われる可能性ってないんですか?」

 

って率直に聞いてみました。そしたら、帰ってきた回答が。

 

 

f:id:kiyosui:20160825095516j:plain

「うーん...シャンプーはなくなるかもね。」

 

 

f:id:kiyosui:20160816153602j:plain 

「あぁシャンプーですね。ぶっちゃけ髪切るのとシャンプーってどっちがやりたくないっすか?」

 

 

f:id:kiyosui:20160825095516j:plain

「シャンプーだね。(笑)」

 

 

f:id:kiyosui:20160816153602j:plain

「やっぱり、ぶっちゃけやりたくない仕事ってなくなりますよね。」

 

 

f:id:kiyosui:20160825095516j:plain

「あぁそうだねぇ(笑)」

 

美容師の仕事で一番辛いと言われているシャンプーの作業。この作業で腰を痛めてしまって、美容師の夢を諦めるという話を聞いたことがあります。

やっぱり人間に害悪を及ぼしてしまう作業は、ロボットに奪われて行くんですね。このあとシャンプーの作業がなくなると、どういったことが起きるのか?を話ました。

若者が育たなくなる。

シャンプーしてくれる機械があったら、人を雇わないで一人で効率よく運営する美容師さんたちが増えてくるんじゃないか?という可能性がありますよね。

要するに雑用は入りませんからね。人を育てたり、人を使って事業を大きくすることに興味のない美容師さんたちは、一人で美容室を営む可能性がある。

ってなると単純に若い美容師の卵たちの雇用がグッと減る可能性があるかもしれませんね。

シャンプーロボットを導入してしまったことで、若者の技術が低下するのではないか?という懸念もあるそうです。

 

その反面、シャンプーという苦行がなくなることで体を壊して夢を諦める人が減るんじゃないか?といういい側面も見えてきます。

 

よくシャンプーが下手な美容師はカットも下手と言いますよね。この辺りの技術がどう影響してくるのか?今後楽しみですよね。

美容室専用ルンバ

ルンバってみなさん知ってますよね。導入している家庭多いと思います。ルンバの美容室専用機みたいのがあったら間違いなく役に立つって話をしていました。

落ちた毛をすべて吸い取ってくれると掃除しないでいいから、楽だそうです。そして閉店後の練習の時に一番役に立つと。

練習したあとに、掃除するってけっこうキツイらしいんですよね。それをルンバ起動して、「あとよろしく〜」的な感じにすぐ帰れたら最高だと言っていました。

シャンプーロボットよりこっちの実用化の方が先かな?という感じがしますね。もうiRobotが開発していてもおかしくないですもんね。業務用ルンバくらいの規格で。

まとめ

10年後を考えたら間違えなく、主流になりそうな『シャンプーロボット』と『美容室用のルンバ』仕事どんどんなくなっていきます(笑)

でもその分、美容室の価格とかも安くなってきて消費者側は生活コスト下がりそうですよね。美容師になりたい人は現在より険しい道になりそうです。

10年ってすぐに経ってしまいますから、今から色々と考えていかないと好きな仕事をするのは難しくなってきそうで、恐ろしいです。

 

最近、この手の記事を多めに書いていますが、残る職業、消えていく職業が新しく見つけられるよう文字化しています。

 

でわ!

 

 

▼この記事に共感を持った人はこの本がオススメ!

 

 

 

▼関連記事

無人駐車場のタイムズの人って仕事なくなってきてない?

映画館のチケット販売スタッフはどこへ行ったのか。仕事がなくなる人たち。

【AI】人工知能Twitter『大喜利β』のボケが秀逸!寂しさを紛らわせるのに絶好だ! 

出版業界がやっと音楽業界に追いついた。これから起きそうなことを考えた。

堀江貴文さんの『99%の会社はいらない』から感じた僕に足りないもの。