読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふつうってなに?

雑記ブログです。色々と興味を持ったことを記事にしています。

超映画批評批評【ターザン REBORN(リボーン)】ネタバレ

映画・ドラマ
スポンサーリンク

オススメ記事

本が嫌いなあなたへ!オーディオブックFeBeがオススメな5つの理由

カサンドラ症候群になる前に読むべき本

ハーレークインって誰?まとめ記事!

10年後も読み返したくなる漫画たち!

f:id:kiyosui:20160730083005j:plain

出典:http://cinema.ne.jp/news/tarzan2016060208/

ども!キヨスイです!

 

『ターザン REBORN』を観てきましたので、批評を!

 

こちらの記事は、超有名映画批評サイト「超映画批評」の批評を批評していこうという内容です。 映画、批評に対して得点も付けていきますので参考にしてください。

 


得点表はこちらの記事に記載されているのでご確認下さい。

kiyosui.hatenablog.com

 

概要・あらすじ

www.youtube.com

 

監督 デビッド・イェーツ
主演 アレクサンダー・スカルスガルド

 

「ハリーポッター」シリーズのデビッド・イェーツ監督が、古典小説「ターザン」シリーズを原作に、制作したアクションアドベンチャー。
生後間もなく国の反乱の影響で、コンゴのジャングルで動物たちに育てられた英国貴族ターザン。美しい妻ジェーンとロンドンで暮らしていた。政府の命令で故郷に戻るが、それは罠だった。
ターザンはジャングルを侵略された上に、妻がさらわれてしまう。愛する妻と故郷を取り戻すべく、ターザンは野生に戻り戦うことになる。 

主人公ターザン役のアレクサンダー・スカルスガルドは「バトルシップ」「トゥルーブラッド」に出演する役者。ヒロインのジェーン役は、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」に出演するマーゴット・ロビー。

吹き替え版は桐谷健太と井上麻里奈が担当。

キヨスイの批評(ネタバレ)

34点 ストーリーがいまいちつかめない。

古典小説ターザンが原作となっているこの作品。客層は高齢の方が多く見えた。

最初に言っておきますと、この作品は子供には全く向いてません。子供連れでしたら『ジャングルブック』を観に行きましょう。

主役ターザン役のアレクサンダー・スカルスガルドはトゥルーブラッドの影響といっていいのかやっぱりスタイリッシュに見えてしまう。野性的な部分が少し欠ける印象でしたね。ヴァンパイアの役の方がハマっていました。

とはいえ後半は上手にターザンになりきってくれていた部分もあり、トゥルーブラッドの印象を少し消してくれていたので今後の作品に期待です。

 

ストーリーはコンゴでダイヤモンドを探す軍隊と、ターザンの命を狙う部族。その策略にまんまとハマってしまうターザンとターザンの奥さんを中心に話が進んでいきます。

ターザンはコンゴの雇用政策にもなるということで、アフリカ行きを示唆されるがあっさりと断る。だがジョージ・ワシントン・ウィリアムズ(サミュエル・L・ジャクソン)に説得されコンゴへ行くことに。さくさくストーリーが進んでいきます。

この話の途中にちょこちょこ回想シーンが入ってくるんですが、これの入れ方がほんとうに雑で現代なの?回想なの?と一瞬戸惑うところもしばしば。ストーリーが上手く頭に入ってこないんですよね。

時代背景もコンゴがレオポルト二世の私有地扱いになってた時期なので、馴染みのない人には説明不足の映画に感じてしまいます。これが正直キツかった。頭を巡らせることが多く眠くもなり、疲れる映画です。

 

ターザンは奥さんとジョージとムボンガ族の元へ向かうことに。そのムボンガ族と過ごしているところ、今回の悪役レオン・ロムに襲撃をくらい村人とターザンの奥さんは拐われてしまう。

 

その後ターザンとジョージで救出へ向かう。この時のジョージ役のサミュエル・L・ジャクソンがめちゃくちゃカワイイ。ターザンについてこれないから来るなと言われるが、その制止を無視してついていくことに。

走っても飛んでもターザンに劣るサミュエル・L・ジャクソン。ひぃひぃ言いながらついていく姿がなんとも愛らしい(笑)

道中でターザンは昔の仲間と再会して、喧嘩したり仲直りしながら様々な動物を仲間にする。

最後は、ジャングルに住む全ての動物たちがレオン・ロムたちを翻弄してやっつけるという内容。

奥さんもムボンガ族も取り返して、ムボンガ族とターザンたちは暮らすことにする。最後は子供も生まれてグッドエンド!ってな感じです。

 

回想シーンが邪魔をして、ターザン一見さんにはストーリーがなかなか頭に入ってこない映画なので解釈に苦労すると思います。そして眠くなります。

 

ただこの映画で褒めるべきところは、アクションシーンは本当にスタイリッシュです。そして動物たちのCGも素晴らしい出来になっていました。が、こういったシーンが盛りだくさんの映画ではないので...そこを期待すると残念な気持ちになります。

 

とにかくファミリーで行くのはよしましょう。DVDやBlu-rayが発売されるのを待ってもいい映画ですよ。

 

▼関連商品

 

 

 

前田さんの批評を批評(抜粋して批評していきます)

*批評がアップされ次第追記します。