ふつうってなに?

雑記ブログです。色々と興味を持ったことを記事にしています。

超映画批評批評【シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ】ネタバレ

スポンサーリンク

オススメ記事

本が嫌いなあなたへ!オーディオブックFeBeがオススメな5つの理由

カサンドラ症候群になる前に読むべき本

アラサー無職さんオススメ本!

10年後も読み返したくなる漫画たち!

f:id:kiyosui:20160429230519j:plain

キヨスイです!

 

実は今新潟いるんですよ!新潟の映画館にて映画観賞。

レビュー・批評はスピードが命なので「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」を観てきました。

 

さっそく批評を! 

 

こちらの記事は、超有名映画批評サイト「超映画批評」の批評を批評していこうという内容です。 映画、批評に対して得点も付けていきますので参考にしてください。

 

 

得点表はこちらの記事に記載されているのでご確認下さい。

kiyosui.hatenablog.com

 

概要


スパイダーマン登場!『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』予告編

みなさんご存知「マーベル・コミック」のアメコミ!『キャプテン・アメリカ』の実写映画化作品。

2011年の『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』と、2014年の『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』の続編となるシリーズ第3作目です。

今回のシビル・ウォーはほぼアベンジャーズですね。ハルク以外、全員出てきますよ。

 

アベンジャーズのニューヨークやウルトロンとの戦いで多くの犠牲が出たことによって、アベンジャーズの存在に疑問が浮かび上がる。

トニースタークらは政府の監視下にアベンジャーズを置くことを承認するが、キャプテン・アメリカは納得できず。

 

そんな中起きたテロ事件で、ウィンターソルジャーことバッキーが指名手配になってしまう。。トニー、ナターシャは政府に従いバッキーの捜索を始めるけれど、キャプテンは旧友を助けられるのは自分だけだと思いトニーたちと違う決断を下す。

 

キヨスイの評価

27点 ぐちゃぐちゃなヒーロー映画

 

最初に言っておきます。これだけ見てもつまらないし、よくわかりませんよ。駄作です。DVD待っていいですよ。

 

見ておかなきゃいけない作品をまずピックアップしておきます。

最低でもこのあたりは見ておかないとわけわからないです。1つも見てない人は絶対に映画館に行かないでください。

 

ストーリーや役柄はもう語ってもしょうがないので、この批評では置いといちゃいますね。

ストーリー的に「アベンジャーズ」と比較したらいいのか「キャプテン・アメリカと比較したらいいのかぶっちゃけわからない。

でも監督は「ウィンターソルジャー」と同じ監督なので「キャプテンアメリカシリーズ」と比べるべきなのか...その辺りがハッキリしないがあまり面白くない出来になってしまっている。

 

とにかく戦闘シーンがわざとらしい。今までのマーベルは意味のある動きを良く見せていたが、今回は見せるために戦ってしまっている。本当にカードゲームの絵を見ているようで残念だ。

 

アイアンマンとキャプテンアメリカとのいざこざもちょっと無理があるが原作のことを考えるとしょうがないとも言える。ちなみにトニーとキャプテンの描写はトニーがリアルな憎しみこもってた様に感じた。これはギャラで揉めたせいだろうか?(笑)

 

期待されていた「新スパイダーマン」はものすごく若い青年だった。トニースタークとの会話シーンも用意されていることに僕はビックリした。

とにかく若く、軽いノリのチャラチャラしたスパイダーマンだった。なぜか叔母さんがかなり美人になっている。スタッフロールのあとにスパイダーマンの予告をやるが新作もまた心配なものになりそうだ。

 

最後のツッコミどころとしては、アントマンが巨大化することだ。アントマンなのに巨大化。なかなかの無双モードで戦いを進める。

もうこのシーンも呆れてしまう。まるでスマッシュブラザーズを見ているようだった。

 

戦闘シーンが一番の醍醐味のマーベルの作品がまるでおもちゃのような戦闘を繰り広げてしまっていた。

 

マーベルの中でもなかなかの駄作になってしまったと僕は感じている。

 

2015,05,01 追記

復讐と許す気持ちに対してに追記しておきます。

ブラックパンサーの復讐やトニーの両親がウィンターソルジャーに殺された出来事などの復讐と言われる描写があるが、復讐心を描くなら「ダークナイト」くらいの映画の重たさがほしかった。復讐も薄っぺらく感じるのでよって、許しというのもそりゃ簡単だよねってなってしまう。

 

前田さんの批評を批評(抜粋して批評していきます)

85点(100点満点中) 全アベンジャーズシリーズでも出色のアクション

 だいぶ僕と離れましたねぇ。サブタイトルは納得です。

 

ヒーローが増えすぎたので二つに分けて紅白戦を行う。ヒーローのインフレを解決する見事なアイデアである。原作から大きく異なっている部分は、現実社会を暗喩させるなど観客のニーズに合わせた変更となっている。ストーリーも見せ場も非常に出来が良い。年間何本もないエンタメの佳作、一級品である。

 アイディアとしては確かにインフレを解決するアイディアになってますね。が"ストーリーも見せ場も非常に出来が良い"というのは疑問が残る。見せ場という意味では他のマーベル作品の方が僕は出来がいいと感じている。

一級品....僕は駄作ですね。

 

今回の真の悪役は非常に奥深いテーマを語りかけてくる。そこがいい。その人物の深い考察に対して、トニーの行動は浅はかな現代の人々を象徴するかのようだ。ようするに、復讐心をもつものが手段を持つと止まらない。戦争の発生原理、戦時に生まれ育ったスティーブはそれをわかっていたから黙っていた。初めて描かれるキャプテンのダークさ、というべき一面がこれまた衝撃的である。

 書いていることはその通り。この文章のように映画が表現されていれば僕も評価点数は高かっただろう。しかし映画は違う。もっとチープな表現になってしまっている。

僕はもっと「ダークナイト」のような表現で見たかった。要するに「クリストファー・ノーラン」で見たかった。

 

前作に続いてメガホンをとったルッソ兄弟のアクション演出はさらに磨きがかかり、シャッター速度をあげたコマ落としのような格闘シーンは戦争映画のようなリアリティ。マンネリを打破し、これまでのアベンジャーズシリーズでは本作が一番いい。冒頭のテロ阻止アクションだけで、誰もがこれまでとは一味違った凄みを感じられるだろう。

 確かにルッソ兄弟の演出は磨きがかかってますね。キャプテンアメリカの過去2作に比べたら格段によくはなっている。

でもあれだけのヒーローが出てきてしまうと、キャプテンアメリカとしては僕は観れていなかった。どうしたってアベンジャーズとして見てしまう。

アベンジャーズと比べると格段に演出は悪くなっていると感じる。ユニークさに欠けるんですよね。

 

批評点数51点

いたって平凡な批評です。読んでも読まなくても大丈夫です。

でもこの批評でこの映画を過度に期待して見に行かないでくださいね。僕は駄作だと思っていますから。

 

僕と前田さんでの一致している部分は過去作品を見てから行きましょうということ。もし今から見に行くならこれだけ守って見に行って下さい。

 

引用元

movie.maeda-y.com

 

 

 

▼関連記事

kiyosui.hatenablog.com

kiyosui.hatenablog.com

kiyosui.hatenablog.com