ふつうってなに?

雑記ブログです。色々と興味を持ったことを記事にしています。

過集中って2種類ある?僕が思う「過集中弱!」:「発達障害者との付き合い方を失敗した僕の助言」

スポンサーリンク

オススメ記事

本が嫌いなあなたへ!オーディオブックFeBeがオススメな5つの理由

カサンドラ症候群になる前に読むべき本

アラサー無職さんオススメ本!

10年後も読み返したくなる漫画たち!

f:id:kiyosui:20160204203155j:plain

こんばんは、キヨスイです。

 

毎日のPeriscopeが楽しいです!

 

外国人様になんやかんや言われて楽しいです!

ログを残したいのですが、なぜがカメラロールに保存されない時が....iPhoneの容量の問題かね?

 

 

Periscope知らない人はこちらをチェック!

kiyosui.hatenablog.com

 

さて、本題の「発達障害者との付き合い方を失敗した僕の助言」に入りたいと思います。いつも読んでくれている人たちありがとうございます。

 

僕の仕事パートナーは軽度のアスペルガー症候群とADHDを障害として持っている人です。
2人で仕事をしているので毎日顔を合わせます。彼との3年半の経験で見つけたことを紹介していきますね!

 

今日は、「過集中について」

 

以前、過集中について記事書きました。

kiyosui.hatenablog.com

こちらは過集中ってこんなもんよ〜。気をつけてねぇ。って内容。まだ読んでない人はどうぞ。

 

今回は、「過集中って2種類ない?」って内容です。

 

2種類ってどゆことだよ?って思ったパートナーの人、当事者。

 

説明していきます。

 

1種類目の過集中

まずは、こちらの状態ですよね。「天敵、過集中から守れ!そして味方にしろ! - 僕は発達障害者のパートナー

 

好きなことや仕事にバーーーーーッと没頭して、時間も忘れて疲労も忘れてとにかく作業を続けてしまう。

 

僕のパートナーがよくやっている過集中。

 

諸刃の剣で危険が潜んでいる過集中ですね。

 

リンクの記事で説明しているので、深くは説明しません。

 

僕は今まで過集中はこの1種類だと思っていました。

 

が、これも過集中なのでは!?という疑惑が出てきて、今日パートナーと話をしました。

 

2種類目の過集中

 疑惑が出るヒントになったのがこちらの記事。

tsukikosan.hateblo.jp

 

とくに時間にルーズな部分です。

f:id:kiyosui:20160319211628p:plain

 

ADHD、アスペルガー症候群の障害を持つ僕のパートナーは、単純に時間を見積もるのが苦手という部分はあります。

 

先読みするという想像力が少し欠けてしまって逆算の失敗をよくするそうです。ですから、僕のパートナーは遅刻の常習犯ですね。

 

でもこの理由と違ったことで、遅刻してしまうことないの?って僕は思い、彼に質問を。(絵になっていることでわかりやすく疑問が出た。)

 

「準備とかしている時に過集中に入ってしまって時間を忘れてしまい、約束に守れなかったことってないかい?」

 

と聞いたところ、あるそうです。

 

みなさん、このパターンの過集中ってありませんか?

 

パートナーには拍手されました(笑)

 

準備に集中し過ぎて、時間を忘れてしまい遅刻。

 

1種類目の過集中に比べたら「過集中弱!」みたいなもの。

 

過集中による時間配分のミス。

 

この事例はまだ確定ではないのですが、僕とパートナーの間では、ほぼ確定。

 

なぜなら彼が1種類目の過集中と同じ感覚にあるから。

 

他の人は、どうなのかすごく気になるところです。

 

本人は、過集中に気づいていない。

ちなみに障害を持っている本人たちは過集中に気づいていないようです。

 

僕のパートナーは、僕が指摘してから過集中を認識して注意するようになりました。

 

パートナーの友達の発達障害者は、過集中の経験がないって言っているようです。

 

今回の2種類目の過集中も気づいたのは僕でした。

 

このようなことからパートナーや周りの人が気づいてあげないと気付けない症状みたいです。

 

当たりまえですよね。本人はそれが普通なんだから。

 

集中しているだけの話ですもん。ただ、健常者と比べて異常なまでの集中をしてしまい、おまけにデメリットまでついてくるから過集中と呼ばれているだけ。

 

そりゃ気づけません。

 

気づかせてあげるには、よっぽどの信頼が必要そう。まぁあとは病院行って、医者に教えてもらうが一番すんなり入ってきますかね。

 

パートナーのみなさん、この2種類、気にしてみてください。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。誰かのお役に立てたらうれしいです。