ふつうってなに?

雑記ブログです。色々と興味を持ったことを記事にしています。

Periscope(ペリスコープ)をやってみて。

スポンサーリンク

オススメ記事

本が嫌いなあなたへ!オーディオブックFeBeがオススメな5つの理由

カサンドラ症候群になる前に読むべき本

アラサー無職さんオススメ本!

10年後も読み返したくなる漫画たち!

f:id:kiyosui:20160308202018p:plain

こんばんは、キヨスイです!

 

 

昨日、Periscopeやってみました!僕のパートナー(発達障害者)と居酒屋で普通に発達障害についての談義をダダ流し。

 

僕らも楽しめたので、何が楽しかったのかレポートしたいと思います。

 

 

Periscopeの良きポイント

  • ライブ中継、開始まで簡単すぎる。
  • 外国人の人がワイワイくる。
  • 撮られている感じが少ない。
  • どこでもボリュームのある発信ができる。

今回、思いついたのがこのあたりです。

 

ライブ中継、開始まで簡単すぎる。

僕は、iPhone使っているのですがPeriscopeのアプリを起動して、配信タイトルを決めてから1タップで配信開始。

 

超ラクチンです!誤操作で配信しちゃうんじゃないかと思うくらいラクチン。

 

これは、旅行に行った際とかすごく簡単にライブ中継できてしまう。いやぁ素晴らしいアプリです。

 

バンドマンなんかも自分のライブをすぐ配信できるし。Ustreamみたいななんか面倒な感じも全くないですね!

 

アーティスト系の人たちもPeriscopeでの発信は今後かなり流行るんじゃないでしょうか?

 

外国人の人がワイワイくる。

僕なんか人気まったくないんですが、外国人がワイワイ来ました。最終的に日本が好きな外国人にフォローされました。

 

外国人来て意味あんの?って思うかもしれませんが、いるだけでもなんか楽しいです。誰もいないとやる気なくなっちゃうけど。なんかやる気出る(笑)

 

日本人の人も数名来てくれました。全く知名度のない配信でも人が流れてきてくれるのはすごくやりがいありますよねぇ。

 

撮られている感じが少ない。

撮られている感じ少ないんですよ。操作がラクチンだし、いつも使っているiPhoneからなので違和感が全くないんです。だから変に固くなることもなく、自然に会話できました。

 

これ素晴らしい点だと思います。

 

でも気が緩みすぎて、ツイッターやフェイスブックみたいに捕まっちゃう人でちゃうかもしれませんね。僕も気をつけます。

 

どこでもボリュームのある発信ができる。

どこにいてもスマホがあれば発信という動作を開始できます。結局、ブログもパソコンがないとしんどいですし。

 

ツイッターは発信としてはボリュームが少ない。フェイスブックも同様。

 

でもライブ中継というボリュームのある発信がスマホひとつで、完結できるのは本当に便利だと感じました。

 

ツイキャスは使ったことないのですが、ツイキャスも近いものあるのかな?

 

ちなみに昨日は某居酒屋でライブ中継しましたが、確認を取ったところ「ロゴやメニューが入らなきゃ大丈夫ですよ」と言ってもらいました。

 

最初、家でやろうと思ったのですがこんなに手軽なので外でやりたくなって居酒屋になりました。

 

 楽しかったです。

 

Periscopeの悪きポイント

これちょっと今のところ見当たらないです。

 

モラルが欠如しちゃうかも!?くらいですかね?

 

 

今後のキヨスイの配信

今後も不定期で配信してみようとは思っています。

 

「発達障害者との談義」って名前でやっていきますねぇ。やる日はツイッターやブログで紹介しますので、よかったら覗きに来てくださいね。

 

あとどこかお出かけした時も配信しようかなと思っています。

 

多分、月に1度2度くらいだと思いますがよかったらお付合いください。

 

人がある程度来てくれたら、今よりもっと楽しくなるのは違いないですから!

 

最後に昨日の成果はこんな感じ。

f:id:kiyosui:20160308201650j:plain

f:id:kiyosui:20160308201725p:plain

 

ハート65個のフォロワーが1人増えました。よくわからん会話でもハートを押してくれる多くの外国人(笑)

 

最高だわ!昨日のログはこちら。

というわけでペリスコのレポートでした!