ふつうってなに?

雑記ブログです。色々と興味を持ったことを記事にしています。

Kindleのおかげで本の嫌いなとこがなくなった。

スポンサーリンク

オススメ記事

本が嫌いなあなたへ!オーディオブックFeBeがオススメな5つの理由

カサンドラ症候群になる前に読むべき本

アラサー無職さんオススメ本!

10年後も読み返したくなる漫画たち!

キヨスイです。

 

僕、本読むの好きなんですが苦手だったんですよ。

 

最近Kindle導入してiPhoneで読んでいるんですが、この導入で完璧に本の苦手意識がなくなって今までの3倍近く本読めるようになったんです。

自分でも全く気づいていなかった本が苦手だった原因がKindleが完璧に解消してくれました。

 

 

髪の本が苦手だった8つの理由

・文字の大きさが選べない

・すぐ辞書が引けない

・重い ・持ち物が一つ増える

・読んでいくと体感で終わりがいつかわかっちゃう

・読んでいくと持ち方のバランスが変わる

・読み始めるまでがなんとなくおっくう

・いつでも買える こんな感じで本に対して苦手意識が今まであったそうです。

 

この8つの理由、紙の本読んでる時には気づいていなかったんですよねー。

なんとなく本好きだけど、苦手意識がある。だからしょっちゅう読むのは無理。読みたい本あるけどなんかタイミング計って読んでない的な。

Kindle導入したらすげー本読むの捗る!なにこれ!って思って自分を分析したんですが。

 

・文字の大きさが選べない

文字サイズ選びたいんですよ。本によって文字の大きさ違ったりでなんか読みにくい。離して読むと文字見えにくくて、近くで読むと体勢がキツイ的な。自分のなかでなんかしっくりくる読む姿勢というか型がなかったんです。

 

Kindleは文字サイズ選べますから、文字サイズ好きなのにしたら自分の体勢にフィットするの見つけられて長い時間読めるんです。よって読むスピードも上がりました。

 

・すぐ辞書が引けない

これ、あまり勉強してなかったので漢字苦手なんです。なので読めない字が出てくると辞書を引かなきゃいけない。もうこれが面倒。紙の本の場合、読みながら辞書出すか、パソコン、スマホを起動させなきゃいけない。本当にめんどう。

 

これがiPhoneひとつですぐ調べられるので中断される時間がすごく減りましたね。 これでもってまたスピードが上がるし、前の文章読み返す労力もなくなりました。

 

・重い

紙の本って重いですよ。ハリーポッターとか超重い。Kindleはどれでもデバイスの重さだけで、いつも同じ重さ。最高だよね。

 

・持ち物が一つ増える

出かける時、持ち物減らしたいですよね。なるべく持ちたくない。僕たまに財布すら置いていってお金をポケットにジャラジャラ。

 

そのくらい外出るときは持ち物減らしたいんですよ。カバンなんか面倒で持ちたくない。持ち物少なければ、忘れ物も少なくなりますしね。 紙の本は、いちいち持っていかなきゃでたまに忘れたり読む時間ないと思って持たないで出かけると持って来ればよかったと後悔。

 

それでだんだん読まなくなる。Kindleこれないんですよ。iPhoneは必ず持っているのでいつも全ての書籍がそこにいる。ipod classic買った時の感動と同じですねぇ。少ない持ち物でいつもあるっていうのは何でも最高なんですね。

 

・読んでいくと体感で終わりがいつかわかっちゃう

これで、オチまで読まなかった本、多数。なんか最後の方までいくと面倒になってきちゃう。紙の本だとページ数で感じとっちゃうんです。終わりの方来ましたーって感じ。Kindleだとページ数しかないから体感でなくて最後までスラッと終わりまで行けたんです。いやぁービックリしましたね。

 

・読んでいくと持ち方のバランスが変わる

これも体勢の話。寝ながら読んでて、本が「バラバラバラーー!!」ってなったことありませんか? あれ超キライなんです。読んでたとこ探したりと....テンション下がる。でもういいやってなっちゃう。でもKindleはバラバラバラーー!!ってならないこれ最高だよね。

 

・読み始めるまでがなんとなくおっくう

紙の本って読むぞ的なあれ、ありません? 読み始めたから、ここまで的な。あれ縛られてる感じしてマジで嫌いなんです。自由になりたい自分とせっかく読み始めたんだから、ここまで頑張ろうよ的な自分の葛藤。 頑張ろうよってなんなんですか?って感じなんだけど、そういう自分が出てきちゃう。なぜかKindleにしたらなくなった。web読んでる感覚に近いからですかね?

 

・いつでも買える

本屋行って探すのめっちゃ苦手なんですよ。僕リモコンも探せませんから。だから店員さんにいつも聞く、店員さんによったら時間かかる。で、もういいや。Kindleこれないんですよねぇ。

すぐ買えちゃうから。読もう→買うまでが、本当にストレスフリー。やっぱり買いやすさは重要ですよね。 こんな分析結果になりました。いやーこんなにも問題を解消できてたとは、Kindleおそるべし。 本が苦手な人是非Kindleで読んでみてください。解消するかもです。

 

Kindleの2つのダメなとこ

Kindleのデメリットも考えてみたんですが、今のところこの2つですね。

ブルーライト

・マンガは、なぜかダメ。

 

ブルーライト

ブルーライトがすごい!これどうにかならないかなぁ。一応ブルーライトメガネかけながら読んだりしてるんですが。やっぱブルーライト感がすごいんですよね。 と思って調べてみたらありました。

 

ブルーライトカット保護シート。90%カットするらしいです。

 

 

今度買って使ってみます。

 

・マンガは、なぜかダメ マンガは躍動感なくなりますねぇ。なんでだろう? 個人的には、活字の本ってパソコンで書いてますよね。だからKindleになっても作品の誤差が生まれない。デジタル(パソコンで執筆する)からアナログ(紙の本)にいくという逆のことしてますからね。

 

デジタル(パソコンで執筆する)からデジタル(Kindle)だから作品の誤差生まれないんじゃないかなと。 マンガって元は、紙とペンで書いてるからKindleになった瞬間そこの躍動感失われるんじゃないかと。アナログからデジタルへの移行は何事でも弊害あるもんだなと。 問題点は、この2つなのでマンガ以外はKindleで読みまくってます!

 

ありがとうKindle