昨日発覚したパートナー(発達障害者)の東大生級のスペック

スポンサーリンク

こんにちはキヨスイです。

 

明日、自閉症のボランティアがあるので、実家の方に戻っています。毎回行く前不安なんですよねーまだ慣れてないせいか。

 

ボランティアの運営側からOKが出たら今度ボランティアの様子もこちらでも紹介したいな。 僕の仕事パートナーは軽度のアスペルガー症候群とADHDを障害として持っている人です。

 

昨日新しい発見があったので、今回は思考をちょっと変えて彼の少し人より優れてるところを紹介したいと思います。 今回はすべて無料配信なのでnoteの内容転載したいと思います。

 

 

東大生級超速読

 

彼、文字読むの超早いんですよ。僕が速い方じゃないので、僕が遅いと思ってたんですけど。昨日テストしたら、やっぱり彼は超速読だった。

昨日僕が書いた記事だいたい2000文字以上あるんですが。読ませてみたら1分くらいで読んじゃう。やっぱお前超速いよってことで調べてみたら

 

日本人の平均読書速度は500~700文字/分。 東大・京大の現役合格生は3倍の1,500~2,000文字/分

 

というデータが出てきました。 やばいね。東大生級の速読。

 

スペシャルなとこですね。ちなみに僕がテストしたら平均よりちょっと速い程度で普通です。 前からマニュアルとか読むの速いから読んでもらってたんです。そのあと、僕が質問して答えてもらう。

 

これだと文字読むのが普通な僕は楽なんです。完全な甘えですがw ただ本人曰く「文字しか読んでないよ」って言ってました。文字からの背景や映像の様なものの想像は全くないそうです。普通人物像だとか想像するけどできないそうです。

 

「だから速いんでしょ?」って自分で言ってましたw。もし彼だけの症状じゃなかったら、想像の部分をフォローしてくれる発達障害者用のイラスト付き書籍なんかあったら面白そう。

 

出版社の偉い人これ読んでたら検討して下さい。 東大生級の速読を持っているのでやっぱり勉強もできるだろうと思ったので、学生時代の勉強はどうだったのか聞いてみました。

 

平均点90点から30点へ

 

小学生、中学生の時は学年トップクラスだったそうです。それこそ東大目指せちゃうくらい。でも、高校に入ったとたん一気に成績が落ちたそうです。高校に入ったとたん問題が、急に難しくなったと彼は言っていました。

 

飛び級してるわけじゃないんだから、そんなことないはずw でも成績ガタ落ち。 そこには大きな理由がありました。 高校生以降の勉強って何々を述べなさい。とか理論立てて証明する問題が増えますよね?これが解けなくて一気に成績落ちたそうです。

 

彼はオープンクエスチョンはダメですから。もうわけわかんなくなっちゃったんですね。当時は、急に難しくなったなーとしか思ってなかったらしいです。 彼と同じ障害を持っていて同じ様な体験したことある人いるのかな?いたら教えてください。

 

もし、いたらもっとこの障害の認知度を上げて教育の世界に反映してほしいですね。なんかいい学習方法ありそう。(今思いつかないけど)多分当時はダメなヤツで終わってたと思うので。

 

僕の対処方法やっぱイケてるな。

 

今回の速読発見のお陰で【発達障害者とのコミュニケーション方法公開します。】でお話した対処方が機能しているなと裏付けができて一安心。ヨカッタ、ヨカッタ。

 

(方法は有料記事なのでここにはかけません。) 記事はこちら

 

 

いやー毎日、接していると新しい発見があって面白いです。

 

こうやって楽しめるとこまで来るとラクになると思うので、是非他の記事も読んでみてください。 最後まで読んでくださってありがとうございました。誰かのお役に立てたらうれしいです。

 

友達募集中!